スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の読書まとめ(読書メーター)

本棚を見ればその人が分かるとか言うそうですが、
6月はジャンルがばらばらすぎて、
自分で自分が分からなくなりそうな月でした
それもどれも面白かったから困る。
何が困るって、
そのジャンルの幅を広げたいと思っても、
多岐に渡りすぎて収まらないというか、
読み切れないというか。
でも速読習得には踏み切れない。
だって、こんなに面白い内容の本、
斜め読みしたらもったいないんだもの

とりあえず、心待ちにしていた長野まゆみさんの新刊を
早く読んでしまわなくては


6月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3465ページ
ナイス数:177ナイス

勝ち切る投資 お金の神様2勝ち切る投資 お金の神様2
こちらのレビューで気になって借りてみました。経済の本を読むのは初めてですが、意外に分かり易く書かれている分、今まで暢気に流されてきた自分の背筋が伸びた気がします。発行時より状況はまた色々と変化してきましたが、長期目線で見据える目を持っていない自分にとって、目先の点で気になることもいくつか(消費税など)。特に接客業として、長い間不況を肌で感じて来た身としては、矛盾を覚えてしまったところもありますが、読んでよかったと思える一冊です。
読了日:06月30日 著者:中原 圭介
とても書けない物語 (PJ傑作集)とても書けない物語 (PJ傑作集)
とってもやるせない状況や、窮地に陥ったりするのに必ずオチがあり、救われるのにホッとします。【嘘発見器】のような可愛らしい短編もいいな。素敵な世界の詰まった一冊でした。
読了日:06月28日 著者:ポール ジェニングス
中国詩人選集〈第13巻〉白居易 下(1958年)中国詩人選集〈第13巻〉白居易 下(1958年)
上と違い、自らの生活を詠じたものや長恨歌のフィクションが入り、一層親しみ易い内容でした。平易な分、背景も想像しやすいのがいいな。日本でも【和漢朗詠集】に引かれたり【枕草子】で扱われたり、親しみやすい詩人の印象でした。
読了日:06月25日 著者:吉川 幸次郎,小川 環樹
ユーモレスクユーモレスク
再読。始終切なさというか悲しみがつきまとう感覚。ひとつの悲しみへの区切り。再読で、内容分かってても泣いてしまいます。
読了日:06月24日 著者:長野 まゆみ
雨更紗雨更紗
再・・・読。なんとなく分かったような、今ひとつ謎が解けないような。幽霊に取り憑かれた一家とか考えたら見も蓋もなくなりましたorz死と雨と幽霊。そしてやっぱり雰囲気は綺麗。
読了日:06月23日 著者:長野 まゆみ
錯乱のニューヨーク (ちくま学芸文庫)錯乱のニューヨーク (ちくま学芸文庫)
建築を学ぶ学生さんより借りました。まっさらな土地にいきなり大掛かりな建造物ができる前哨戦を経て、マンハッタンにどかどかと摩天楼が計画されていく…。こんな国と戦争してたのか、と、別視点で恐ろしくなりました。面白いのに、面白かったのに、分からない言葉(ストレート及び比喩表現含め)が多くて、半分も理解できなかった自分が悔しい。もっと知識を積んでから、再チャレンジしたい一冊です。
読了日:06月23日 著者:レム コールハース
うつくしく、やさしく、おろかなり―私の惚れた「江戸」うつくしく、やさしく、おろかなり―私の惚れた「江戸」
「江戸」の粋と遊び・生活・食などのエッセイ集。自然と共存し、乏しい資源の中生活をのびのびと楽しむ「江戸っ子」の姿に惹かれる一冊でした。著者様亡くなられていらしたとは…。昔NHKのコメディ時代劇とかで観たなぁと、何だか懐かしく、その死をもったいなく思いました。
読了日:06月16日 著者:杉浦 日向子
人間臨終図巻〈1〉人間臨終図巻〈1〉
10代~55歳で亡くなった、国内・国外の有名人の死の際をダイジェスト版で集めた一冊。年齢が若いので、死の様子が痛ましいです。ものすごく血まみれの印象が強く残りました。(解説に関して、一部著者様の好みが強いと感じられたので、不快に思う点も…。エッセイと思えばいいのかな?)
読了日:06月16日 著者:山田 風太郎
人間臨終図巻〈2〉人間臨終図巻〈2〉
56歳~72歳で亡くなった、国内・国外の有名人の死の際をダイジェスト版で集めた一冊。この中からまた興味を惹いた人の話を、詳しく読みたいなと思いました。
読了日:06月10日 著者:山田 風太郎
泣キ顔ミマン   (バンブーコミックス 麗人セレクション)泣キ顔ミマン   (バンブーコミックス 麗人セレクション)
ゆっくり近付いていくふたりの「間」が絶妙で、雰囲気にどっぷり浸かりながら読んだ一冊です。やっぱり著者様の作品は好きだなぁと、改めて実感しました。
読了日:06月08日 著者:猫田 リコ
白居易 (中国詩人選集)(上)白居易 (中国詩人選集)(上)
新楽府50篇を掲載。比喩を使ったり語り部的にしたり、時にはストレートに語ってみたりの政治風刺が、テンポ良く詠まれています。背景を理解し易い解説もいいなぁ。思った以上に難解な内容でなく寧ろ平易で、流石当時の流行作家(…という言い方は間違ってる?)という感じです。
読了日:06月06日 著者:白 居易,高木 正一
新編悪魔の辞典新編悪魔の辞典
上質な(若しくは低俗な)ジョーク集と取るべきなのか、若しくは西洋至上主義キリスト教者(でも男性)による傲慢な思考を知る本なのか、えらい悩みました。パラ見したら面白かったので借りてきたけれど、ジョークとしてとらえるには60Pくらいでお腹いっぱい。訳が解りにくいのもちょっとな。聖書や当時の時代背景、及びビアス氏の略歴(性格)等、予め知らなければ半分程度しか楽しむことができないかも。風刺の狙いが解らなかったのが軽く悔しい。今でも通じるシニカルな笑いがあるのも確か。もう少し、時が経ったら再読したい一冊です。
読了日:06月04日 著者:アンブローズ・ビアス
新学期新学期
再読。兄との不器用な交流、友人との別れ。「天然理科少年」のような「鳩の栖」のひとつのような。でも希望を持たせた終わり方のこっちの方がホッとします。それにしてもすごい境遇なのに、主人公、健気だなぁ…。そして食べ物が美味しそうで、いつも通りお腹すいてしまいました。卵料理が…。
読了日:06月01日 著者:長野 まゆみ
日本人なら知っておきたい「慰安婦問題」のからくり日本人なら知っておきたい「慰安婦問題」のからくり
レビュー次第で怖いことになりそうなので、簡潔に。個人的には評価は高いです。自国の歴史を知ることは大切だと思います。しかも受身では駄目。学校で教えているコトがこんなあやふやな真実に基いているのは、多感な時期だけに恐ろしいことだと思いました。何が問題で、どうしてこうこじれているのか、とても易しく解説してます。自国で反日植えつけてどうするよ…。てか反日日本人が怖いです。朝日新聞は昔取ってただけに、裏切られた思いですよ…。あ、これ以上はやめときます。
読了日:06月01日 著者:阿部 晃
夏帽子(A STRAW HAT)夏帽子(A STRAW HAT)
再・・・読。めまぐるしく任地の変わる臨時教師・紺野先生の自然や生徒を愛おしむ目線が優しくて暖かい。どれも心がほぐれそうな優しい話で、高らかな鳥の声を聞きながら、宝物のような時間を過ごしました。ほんの身近な小さな生き物にも目を向けたくなる、そんな素敵な一冊です。
読了日:06月01日 著者:長野 まゆみ

2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメント

こんにちは~

>パンとぶどう酒さま

あ~…コメント消えちゃうの、私もよくやりますorz

ポール ジェニングス、シリーズたくさんあるようですね。
面白かったので、他も読もうとしたのですが、
残念、地元図書館にはこの一冊しかありませんでした。
買うほどまでは…好きじゃないからなぁ…^^;

白居易は一度は読みたいな、と抜粋ですが借りてみました。
前に李白を読んでいたのですが、比較してこちらのほうが読みやすくて入りやすかったです。
なるほど、平安時代の日本でも流行したのが分かります。

杉浦 日向子さんは亡くなっていたということがちょっとショックです。
多分、ニュースで知っていたとは思うのですが、著者を改めて読んでしまうとその実感がまた…。
お江戸でござる、好きでした^^

山田風太郎さんも、歴史観に癖がありますね。
私は逆説派なので買うまでは行きませんが、強く支持を受ける理由は分かったような気がします。

新編悪魔お持ちですか!
図書館でずっとタイトルに惹かれていたのですが、よもやこういう内容とは思ってませんでした。
当時の外国の世情、著者の理念を知らなかったのでほとんど楽しめなかったのが残念です。
いつか再チャレンジします^^
筒井康隆さんによるパロディ本?
知りませんでした。(何せ読むのが偏っているので…)
それは読んでみたいです。

コメント、有難うございます。
パンとぶどう酒さんも、素敵な読書ライフを!
(でも今はお嬢さん中心かしら?)

こんばんは

しまった。コメントの途中で本の詳細をクリック。
コメントが消えてしまったです orz

ポール ジェニングス、何か読んだのですが
何を読んだのか分かりません(笑)

白居易 読まれたのですね。
1度はしっかり読もうと思いながら
ずっとスルーしていました。面白そうですね☆

杉浦 日向子「お江戸でござる」ファンでした。
漫画も良いなと思っています。
また江戸時代の話だけでなく、批評するところは
しっかり批評する凛とした精神も好感持っていました。

間臨終図巻、単行本で持っています。
文庫本に買い換えるか考慮中です。
山田風太郎には熱烈なファンが多い印象があります。
彼の執筆した死についての本は結構持っていると思います。

新編悪魔の辞典、本棚でずっと眠っています(笑)
筒井康隆のパロディ本もありましたよね。
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

投票感謝☆

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  03  01  12  11  10  07  05  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  08 

♪BGM

©Plug-in by PRSU

アルカナコレクション

ピクミー

読書メーター

mimmさんの読書メーター

本棚

TINAMI

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
564位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

最近の記事

最新コメント

プロフィール

高月美舞

Author:高月美舞
はじめまして。
【みむ】とか【mimm】とか【るいるい】の名前で色々出没してます。
たまにどの名前を使っているのか忘れることも…^^;

とりあえず色々のんびりやってます♪
見かけたらよろしくね。

リンク

ニコッとタウン

MMOタロット占い

ブログパーツファーム

電クラ☆占い

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。