12月の読書まとめ(読書メーター)

12月は2011年最後の月ということもあって、
ちょっと頑張りました読書。
美術絡みの宗教本(キリスト・ユダヤ教)が
このところのマイブームです
聖書も、古代の歴史書と見ると面白いかも。


12月の読書メーター
読んだ本の数:39冊
読んだページ数:8227ページ
ナイス数:80ナイス

猫に名前はいらない猫に名前はいらない
…やっぱり魚を食べる日本の猫のほうが好きです。飼い主や登場人物も…。駄目だ。やっぱり西洋人の感覚はどうも好きになれない。トレーラーハウスとか、単語出てくるだけでもう、ちょっと…。シニカルな感じの主人公(猫)の個性は面白かったけど。
読了日:12月28日 著者:A・N・ウィルソン
要約力―仕事も勉強もポイントをつかめばうまくいく!要約力―仕事も勉強もポイントをつかめばうまくいく!
いくらよさそうなこと、凄そうなこと言ってても、二度見して辞書まで確かめてしまったような誤字見つけるとなぁ…。うーん。
読了日:12月27日 著者:和田 秀樹
乗っ取られた聖書 (学術選書)乗っ取られた聖書 (学術選書)
宗教とか聖書とか全然知らないし、興味がなかったので内容はあまり理解できなかったけど(ある程度の基礎知識が必要)、著者様の語り口が好きなので一気読みしてしまいました。宗教というよりもう古代史として見れば面白そう。それにしてもユダヤ教…気の毒だわ。(そう言えば日本の古代天皇の記述のいくつかも、他の豪族や地方の伝説を乗っ取って作られているんじゃないか的な話を、何かで読んだことあるなぁと思い出しました。ちょっと似てない?)
読了日:12月26日 著者:秦 剛平
星は見ている―全滅した広島一中一年生父母の手記集 (平和文庫)星は見ている―全滅した広島一中一年生父母の手記集 (平和文庫)
叫びが痛々しい。やりきれないね。
読了日:12月25日 著者:
パーフェクト・ブルー (宮部みゆきアーリーコレクション)パーフェクト・ブルー (宮部みゆきアーリーコレクション)
犬賢すぎるよ犬。あと夾竹桃って毒あるよねー、となぜかそんなことばかり思ってました。フィクションの人死には、ちょっと苦手になってしまったのです(TT)
読了日:12月24日 著者:宮部 みゆき
彩雲のかなたへ―海軍偵察隊戦記彩雲のかなたへ―海軍偵察隊戦記
あの状況でよく生き延びて、こういう本を書いてくれた、と読ませてもらえたことに感謝したくなるくらい、貴重な内容でした。やっぱり日本は戦争をしちゃ駄目だ…と強く思いました。もう特攻出した段階で絶望的なことが見えているのに、上(の上)が無能すぎでしょ…。あと昔の日本人の頭の良さにびっくりしました。
読了日:12月24日 著者:田中 三也
封印されたミッキーマウス―美少女ゲームから核兵器まで抹殺された12のエピソード封印されたミッキーマウス―美少女ゲームから核兵器まで抹殺された12のエピソード
最初の方は前書きの勢いある内容に比べて、ネットで十分な薄っ!な内容かと思ったら、後半になるにつれて面白くなってきました。12もエピソード要らないから、半分くらいにしてもっともっと深く掘り下げた内容だったらすごく面白かったんだろうな…と。それが少し残念でした。
読了日:12月22日 著者:安藤 健二
名画で読む聖書の女たち名画で読む聖書の女たち
ユーモアと毒の混じった語り口。矛盾や疑問点に対しての容赦ない突っ込み&たまに華麗にスルー。講演会にいるような、気付いたらはまっているというか、とにかく面白い本でした。著者様の他の本もぜひ読んでみたいです。それにしても聖書って…聖書って…。いや、神話を見れば確かに残酷だろうが性が緩かろうが納得いくかな。(ギリシャ神話然り、日本の古事記然り)個人的に首切りの絵が怖いです。
読了日:12月21日 著者:秦剛平
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第
2を先に読んでしまったけど、単発ネタの続くこっちの方が面白いかも。信じても怖いし、信じなくてもなんか怖い。とりあえず、冒頭の猫画像にびっくり。
読了日:12月20日 著者:関 暁夫
AB型自分の説明書AB型自分の説明書
童話ネタ、一番AB型のが面白かったかも。従兄(AB型)をちょっと観察してみようかな、とそんな気持ちになりました。
読了日:12月20日 著者:Jamais Jamais
A型自分の説明書A型自分の説明書
当てはまってるかどうかは分からないけど、友人の多くがA型な私には、あ、A型って可愛い♪と思いました。…え?当てはまらない?
読了日:12月20日 著者:Jamais Jamais
O型自分の説明書O型自分の説明書
妹O型なので読んでみた。あれ?B型の自分のが当てはまる?というかB型にも同じのがあったような…。でも食べ物への執着は妙に納得。それと学生時代、ギオンをやたら発していた友人はO型でした…。
読了日:12月20日 著者:Jamais Jamais
継体東国王朝の正体―伽耶・東北王朝復活の謎継体東国王朝の正体―伽耶・東北王朝復活の謎
…ちょっと内容が古いかも?この方の著書はいくつか読んでいるけど、二朝併立論は初めて読みました。…その後その説はどこへ?天武天皇=漢皇子説に関して考えてみると…あれ?そうすると女系になるから、そうなると代々の父系ってことから外れるでしょう。すると泉涌寺の謎が解けて、別に著者様の割とよく攻撃している藤原氏に関しては寧ろ父系に戻したってことでいいことになるんじゃ…と、あれれ?縄文人の生活に関してもあれえ?と思うところがいくつか。うーん。持ち上げ方と下げ方もひどいし。うん、読まなかったことにしておこう。
読了日:12月19日 著者:関 裕二
怪奇事件はなぜ起こるのか怪奇事件はなぜ起こるのか
こ…こわいこわいこわいこわいっ。オカルトや怪奇現象もそうだけど、何より生きてる人間のがもっと怖いって。でも近代史に関して、もっと知りたいことが増えました。面白かったです。皇室典範改正に関しては…長屋王のこと思い出しました。無理強いの例って、確か古代日本にもあったよね…
読了日:12月17日 著者:小池壮彦
レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか―するどく見抜き、ストレスがなくなる心理術レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか―するどく見抜き、ストレスがなくなる心理術
なんだろ?何か思い切りあてはまらないと思う点や、凄い違和感を感じるところがあるんですが…。しかも決め付けだから不快感を覚えるのかしら。
読了日:12月17日 著者:内藤 誼人
B型自分の説明書B型自分の説明書
あてはまるかどうかは別として、とりあえず笑いました。B型の友人にプレゼントしたいかも。
読了日:12月17日 著者:Jamais Jamais
消された一家―北九州・連続監禁殺人事件消された一家―北九州・連続監禁殺人事件
図書館でたまたま手に取ったら、先日判決が出たあの事件だったとは…。凄く残酷で、背筋がぞわっとなりました。こ、これ、フィクションじゃないんだよね…。男性の加害者は特に…なんだろ、このもやっと感は。これが本当に人間の行為かと思うと、言葉を失います。6年前発行の本ですが、しっかりタイムリーな感じでした。
読了日:12月16日 著者:豊田 正義
天皇家誕生の謎天皇家誕生の謎
ちょっと内容が古い?最近の勢いある著書を読んだ後だったので、なにかおとなしい印象。というかなかなか頭に入ってこなかったのは、あんまり面白くなかったから…かな。でも、後半。藤原氏が絡んでくるとやっぱり面白い。気のせいか文章も生き生きとしている気がします。
読了日:12月16日 著者:関 裕二
第二集 きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)第二集 きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)
この遺された言葉の中から、沢山の大事なものを拾い上げなくちゃいけない。と思う。
読了日:12月15日 著者:
ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2
思ったより真面目な内容でちょっとびっくり。へぇと思うことが沢山で、目眩まし的に信じるのではなく、心の隅に置いておいてもいいかな、という感じ。意外と手元に置いておきたい一冊かも。でも18の法則は…ないと思う。
読了日:12月13日 著者:ハローバイバイ関 暁夫
もの食う人びともの食う人びと
新聞の紹介欄で気になって手に。お勧めのことだけあります。食だけどグルメ本じゃない。むしろ逆。紛争や戦争、刑務所やエイズや宗教…、苦しい場面での【食】。色々と考えさせられる一冊でした。
読了日:12月10日 著者:辺見 庸
星空放送局星空放送局
優しくて綺麗で暖かい話。2話目が特に好きです。絵も大好き♪
読了日:12月10日 著者:中村 航
「ウケる」話力―話材の集め方、話の仕方から自分の見せ方まで「ウケる」話力―話材の集め方、話の仕方から自分の見せ方まで
ネタが少し古い?(古い本だから当然かな)年上男性(70代くらい)向けの内容な感じでうーん。芸能ネタの一部は面白かったけど、どうもネガティブな印象で、好きになれないし参考にもできないなぁ。
読了日:12月10日 著者:近藤 勝重
雲ながるる果てに―戦歿海軍飛行予備学生の手記 (河出文庫)雲ながるる果てに―戦歿海軍飛行予備学生の手記 (河出文庫)
生命が濃い…。なんでこんなにあっさりと死ぬことを受け入れられるのか、と思う。文章の裏に生きたい気持ちが入ってるんじゃないかと思ったり。ただ死の直前(しかも自ら突っ込んでいく)の言葉を読み、その様を想像すると、胸が痛くてたまらなくなりました。
読了日:12月08日 著者:白鴎遺族会
九十九怪談  第一夜九十九怪談 第一夜
全然怖くない。むしろ小咄?と思うものもいくつか。ただ数編、暖かくなる話が入っていて救われました。
読了日:12月07日 著者:木原 浩勝
僕の好きな人が、よく眠れますように僕の好きな人が、よく眠れますように
木戸さんはファンタジーだと思う。そしてばかっぷるは、小説で読んでてもウザイ。…と思う。ごめん、この本この内容、苦手です。
読了日:12月07日 著者:中村 航
おかえり。5ねんぶりの生協の白石さんおかえり。5ねんぶりの生協の白石さん
仕事に関して。働かないといけないというよりも、働くライセンスを得ているという考え、アドバイス。なんか気持ちが一気にスッとしました。元気になれる一冊です。
読了日:12月07日 著者:白石昌則
日本を不幸にした藤原一族の正体日本を不幸にした藤原一族の正体
父から頂き♪やっぱり藤原氏は嫌。勢いのある文章は面白いし、ホント読んでて楽しい一冊でした。なぜ天武系がごっそりお寺(確か)に祭られないで排除されているかの謎が解けた感じ。歴史の本って、皇(王)族メインで、藤原氏を除いて検証されるものが多いけど、やっぱりこの黒幕的な一族は排除できないと思う。
読了日:12月06日 著者:関 裕二
あおいちゃんパニック! (3) (なかよしKC)あおいちゃんパニック! (3) (なかよしKC)
読了日:12月06日 著者:竹本 泉
あおいちゃんパニック!(2) (なかよしKC)あおいちゃんパニック!(2) (なかよしKC)
読了日:12月06日 著者:竹本 泉
あおいちゃんパニック!(1) (なかよしKC)あおいちゃんパニック!(1) (なかよしKC)
大好きです。アニメ化して欲しいと、未だに思い続けてます。
読了日:12月05日 著者:竹本 泉
パイナップルみたい (講談社コミックスなかよし)パイナップルみたい (講談社コミックスなかよし)
久し振りにすごくのぼるくんが見たくなったの。この世界、大好き。子供のころから大切にしている一冊です。
読了日:12月05日 著者:竹本 泉
テロならできるぜ銭湯は怖いよの子供達テロならできるぜ銭湯は怖いよの子供達
右とか左、ちょっと怖いけどパラ見して、その文体の面白さに惹かれて読んでみることに。戦争に関しての文章に、初っ端から釘づけ。ハル・ノート、聞いたことあるけど中身は知らない。ABCD包囲網?オレンジ作戦?え~と…。古代日本の歴史が好きで、そっちの本は結構読んでいるのに、身近な近代を知らない自分が軽く嫌になってきた。他にも著書を読んでみたいなぁと少し。過激なことは苦手だけど、大事なものは拾えそうな気がする。でも犯罪者への大いなる理解の中、では被害者は?という部分が欠落している気がして、複雑な気持ちにも。
読了日:12月05日 著者:見沢 知廉
バカモン!波平、ニッポンを叱るバカモン!波平、ニッポンを叱る
古い本だけど初っ端から古く感じないのは、ずっと不景気が続いているから?自民の大敗は最近のコトかと思ったら、その前のことだった。全然進歩してないってこと?それとも繰り返してるってこと?日本人の我慢の限界3%説。面白いと思いつつ、10%に引き上げるとかそんなニュースが。どうなるんだろう。そしてページをめくると年金の話…。これ、本当に古い本?(笑)ただ戦後の日本のあり様に嘆いているけど、戦前・中もそこまで良くはなかったんじゃ(生活でなく心です)と、その辺り含め歴史の書籍を乱読している身としては思いました。
読了日:12月05日 著者:永井 一郎
よくわかる古代日本の全体像よくわかる古代日本の全体像
んー古代検定とか受ける時の参考に丁度いいのかなという感じ。わくわくとか楽しい♪っていう感じはないなぁ。
読了日:12月04日 著者:木下 正史
定説だってウソだらけ (WAC BUNKO)定説だってウソだらけ (WAC BUNKO)
いくら大きな新聞やテレビの情報でも丸々信じちゃいけない…とか思いつつ、でもどうやって見極めるのか、凡人にはやっぱり流されちゃうなぁ。退治が定説なものが多い中、ここは共存が多く謳われている。優しさを感じました。…アメリカシロヒトリは嫌いだけど。でも虫のナオミちゃんはちょっと可愛いとか思ったり。ダイエットや花粉症に効果あるなら飼ってみたい…かな…いやでもやっぱりちょっと無理…かな。
読了日:12月03日 著者:日垣 隆
くちなしの花―ある戦歿学生の手記くちなしの花―ある戦歿学生の手記
あの戦争中に、こんな考えを持っていた人もいたとは。最初に写真のイケメンっぷりにびっくり。+もし生きていたら…その才能が摘まれてしまったことが本当に惜しく思われました。書簡は<検閲済>と書かれているから、本心は隠れているのは仕方ないとして、日記も軍隊の陰惨な空気が全く感じ取れない。あまりに淡々としすぎて、後半の解説を読むまで大切なことをたくさん見落としてました。踏まえた上で、再読したい一冊です。
読了日:12月03日 著者:宅嶋 徳光
生協の白石さん お徳用エディション生協の白石さん お徳用エディション
この回答の素晴らしさ、ユニークさ。通常の接客に参考にしたいと強く思いました。頭の回転も早そう…。
読了日:12月02日 著者:白石 昌則,東京農工大学の学生のみなさん
悪魔の白い霧―追跡ドキュメントサリン事件とオウム真理教悪魔の白い霧―追跡ドキュメントサリン事件とオウム真理教
松本サリンから地下鉄発生まで。リアルタイムのドキュメンタリー。改めて見返してみると、本当に恐ろしい事件であり、恐ろしい教団だったなと。松本サリンの一般人被害者が執拗に犯人にされていく姿も、結構怖い。
読了日:12月01日 著者:下里 正樹

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

投票感謝☆

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  03  01  12  11  10  07  05  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  08 

♪BGM

©Plug-in by PRSU

アルカナコレクション

ピクミー

読書メーター

mimmさんの読書メーター

本棚

TINAMI

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
19764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
909位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

最近の記事

最新コメント

プロフィール

高月美舞

Author:高月美舞
はじめまして。
【みむ】とか【mimm】とか【るいるい】の名前で色々出没してます。
たまにどの名前を使っているのか忘れることも…^^;

とりあえず色々のんびりやってます♪
見かけたらよろしくね。

リンク

ニコッとタウン

MMOタロット占い

ブログパーツファーム

電クラ☆占い

RSSリンクの表示